2005年8月アーカイブ

さっき落書き帳を引っ張り出したら、 
1ページ目になぐり書きで詩が書かれていた。 
全く記憶が無いけれど、確かに自分の字だ。 
おそらく酔っ払って書いたんだと思う。 
詩を書く習慣はないのに・・ 


『カリスマ美容師(仮)』 

悲しい恋をしたら、髪を切るの 
忘れるために、髪を切るの 
だから恋の始まりは いつもショートカット 

だけど今日は、いつもの美容院がやってない 
仕方ないから町に出て 
噂のカリスマ美容師に切ってもらおう 


そうしてその店で、私はまた恋をした 

私の髪は、どんどん短くなる 
恋は始まったばかりだけど 
どんどんどんどん短くなる 
(※補足:カリスマ美容師に恋した彼女は、毎日のように 
髪を切りに行くんですね。) 


気づいたら、ハサミじゃなくてバリカンになっていた 
気づいたら、カリスマじゃなくて見習いに代わってた 
気づいたら、この恋は終わってた 
東京葛飾生まれ。 江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 ツイッターアカウントpekorinnote

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事

最近のコメント

    follow me on Twitter
    にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ 人気ブログランキング