2009年4月アーカイブ

一日中ベッドの上で過ごしていた。
最近読み返していた漫画がついに終盤となったが、
なんと最終巻だけ見当たらなかった。


草なぎ君が公然わいせつで逮捕されちゃったけど 
わいせつする相手がいたのかな? 
誰もいないならわいせつ罪じゃなくて 
騒音罪とか? 

どちらにしても酔っ払いのした行動。 
CMストップとか、鳩山さんの「最低の人間」発言とか 
厳しすぎでしょう 



朝、電車から土手の草間に素っ裸のオジサンがいるのを 
何度か見た事がある。 


オジサンはおそらく酔っ払っていない。 
見せるためにいるというよりは 
それがデフォルトの姿のようだった。 
それこそ「裸で何が悪い」といったようにいた。 


最近は彼を見なくなった。 
公然わいせつ罪でつかまったか、 
春の妖精だったのか。
仕事で知り合ったデザイナーさんと鎌倉散歩。

<鎌倉山:らい亭>
美味しい蕎麦と軽い散策ができて旅行気分になれる。


p428.jpg

p429.jpg

p432.jpg
同じ位の竹の子発見。


p431.jpg


p427.jpg
防波堤で釣りしてるおっちゃんが
「いまいましいから干してる」と言っていたヒトデ。
中央に口があるらしく、餌を食べてしまうらしいが
動きが無いので釣ってる方は気づかないのだそう。


p430.jpg
海の前のカフェに寄ったあと、デザイナーさん宅でもお茶。

優雅な1日だった。


昨日から
「将棋1手詰入門ドリル280問」という本を電車の中で解いている。
将棋の動きしか分かっていない私には、
「しばし考えれば解ける」あたり丁度いい。


親子なのに似てない2匹。

p426.jpg


p425.jpg

息子のゲンキは母のもこより顔が変だと思う。
そして口が大きいのでいつも何か咥えている。
甘えん坊で落ち着かない姿を見ていると馬鹿のように思えるが、
「口が大きい」「甘えん坊」「落ち着かない」・・・って自分と同じ性格だった。


母は定年退職後も働いていないと落ち着かないようで、
顔の美容施術師(なんと言うのか知らん)に向けて特訓中だそうだ。

今日は練習台として、
私も知っている地元の子と一緒に肌の老廃物を取り除く施術を受けた。

p424.jpg
医療系で40年以上働いてきた母がこんな道に進むとは全く思ってなかったが
この仕事は先生曰く「女性をキレイにして、自分も働ける喜び」を感じていつまでも
若く生き生きとしていられる、との事。


その帰り、3人でファミレスへ行った。
私の献血体験話の流れでゲイの話になった時に
母に「あんた生き生きしてるね」と言われた。


地元で数年ぶりに会う幼なじみと飲み。

幼なじみ(男)が最近結婚したというので連絡をくれたのだ。
奥さんと、私達の共通の知人と4人で昔話に花咲かせた。

p423.jpg
微妙な変顔?を作ってくれた新婚二人。


年をとり、最近みんな日本文化や伝統が好きになってきたらしい。
私はかつて寺社仏閣や仏像に嵌っていたことや
落語もしょっちゅう行く事を言うと、
みな話に引き込まれているようであったが
「本気すぎて目が怖い」と言われて話終了。


話は尽きることなく、5時間はあっという間に過ぎた。
地元で飲むことのあまり無かったこの数年間。
この再会で、なんだか地元にグッと愛着が湧いた。



そういえばこの共通の知人という男。
数年前、私が神保町の喫茶店で似た店員さんを見たと話したところ
なんと本人だった事が判明。
p421.jpg


少し混み気味の電車内にて。

電車がある駅につき、何人か降りた時
車内のどこかからおばちゃんの大声が。

「ホラ!ここ空いたわよ~!!
2つ空いたわよ~!早くこっち!!」

友達らしき人に声をかけるおばちゃん。
さらに続けて

「早くっ!
ああっ!
この人に座られちゃう~~!!
あ~あ~・・!!」

車内の人の視線はみんなその席のあたりに集中していた。

大声で言い放つおばちゃんもスゴイが、
「座られちゃう」と言われながらも座った男性も強い。


友人と、友人の同僚と3人で飲み@上野

もう14年の付き合いになる友人が、
車や自転車や花に名前をつけて話しかけている事が判明。

当たり前の事だと思っていたらしく、非常に恥ずかしがっていた。
どんな名前をつけるのか教えてくれなかったが、
名前をつけて話しかけると愛着が湧くという。

私は物に名前という考えが無かったので
これからはつけていくのもいいかも、と思った。

とりあえず今使っているノートパソコンは「ノートン」と呼ぼう。

(セキュリティに強く、エドワード・ノートンのようにクールにという思いをこめ。

外国人向け東京ガイドは面白い。

おススメのお土産の中の「乳Tシャツ¥892」が気になった。

p414.jpg
「ただ目立つことだけを目的とする勇気ある人におすすめ」


仲良し高校メンバーのうちの一人の結婚式&2次会に参加。

ブーケプルズは余った紐を引いた男性がGET・・・。
よく出来てるなあ。

p415.jpg



式の後、歩いて2次会の店まで歩いていく途中
仲間のうちの一人が胸パット(片方)を拾う。
前を歩いていた違う仲間が落としたものに見えたらしいが
聞いてみると違ったので道に元通り落としたのだが
数分後に無くなっていた。
誰か戻って拾ったのかな・・・?


こりんの誕生日ライブへ。

なんとメインのBETTY'S GLAMOURの始まる直前に貧血を起こしかけ
一時外へ逃げる。
おかげで1曲聞き逃してしまった。


p416.jpg
それにしてもこれだけの人が集まるのはスゴイよなー


買ったときレシートに「企画ショーツ」と書かれていた下着(フンドシ)を
プレゼントし帰宅。



電車でオバチャンたちの声で目が覚めた。
降りる二つ前の駅だったので立ち上がり、席を譲る。

「あら~!いいのよ~!」
「ごめんなさいね~!」
一斉にお礼を言われる私。

それを見て、私の隣に座っていた男女も立ち上がり席を譲った。

それは譲るしかない流れだった。
年齢というより迫力に圧されたのだろう。
元気そうなオバチャン達は座り、より喋り続けた。



p411.jpg


p405.jpg

すごいイラストだなこれ
車道幅拡張のため、
近所の公園の桜が今年で切り落とされる事に決まったらしい。

切り落とさなくても、移動すれば・・と誰もが思うが
他の場所では根付くのが難しいらしい。

木にまかれた白布が切なかった。

p408.jpg


その桜の木の下で写真を撮った。

母の世代は被写体を中央に置こうとするので
写真を頼むと地面部分が多い。予想通り。


p407.jpg
母と犬達


p406.jpg
私と犬達

知り合いの女性が突然ギックリ腰になった話を聞いた。
一人暮らしのため、幼稚園来の友人にお風呂に入れてもらったらしい。

子供を相手にするように
パンツに足を入れるように促され上げてもらったらしいが
モモのあたりまで上げてもらった所で
「そっからは自分でやれる!!」と女のプライドを守ったとのこと。


30超えたら色々と気をつけねばね。
すごく久しぶりに図書館というものに行った。(京橋図書館)

久々に嗅ぐ本の匂い、静かな空間。

奥の方に閲覧スペースがあったので向かうと、
そこには半分くらい浮浪者たちが突っ伏して寝ていた。
漫画を読んだり新聞を読んだりしている人もいる。

その中でただボーっと前を向いている人がいて、
私は何度も目があった。


図書館って、こんな気持ちになる所だったんだ。


p404.jpg

久々に朝から掃除。
3時間やったが先は遠い。遠すぎる。
3週間前に引っ越してきた会社のビルは古い。
先日エレベーターのボタンの所に気合いの入った
彫り物がしてあったのに気づいたので記念にとってきた。

p419.jpg


p420.jpg


昼、同僚たちと上野公園へ。
100%満開だ。

p418.jpg

夜は送別会を開いてもらい、また上野公園。
帰りはタクシーで帰るハメに・・。



家に帰ると、居間で母がEXILEスペシャルを見ていた。

それだけで既に意外だったのだが、
その後、普段は口数の少ない母は彼らを絶賛し始めた。

「好きな歌をやってこれだけ人を喜ばせられるなんてたいしたもんだ」とか
「息子がEXILEにいるなんて思ったら・・・凄い事だよね」とか。

私が「EXILE好きなの?」と聞いてみると
「こういう明るいテンポの歌けっこう好き」とこれまた意外な返事。

9時くらいからずーっと見ていたらしい。

EXILEの事は全く興味なかったが、
その絶賛ぷりにちょっとだけ私も好きになった。
帰りに本降りの雨が降ってきた。

駅前のコンビニで傘を買うか迷ったが、
走れば2,3分で家に着くしフード付きの上着だったので
濡れて帰る方を選択。


しかし体力が無いので
帰り道の真ん中らへん、屋根のある歯医者の玄関前で
ほんのちょっと止まり息を整える。

その時、前から足の悪いおじいさんが杖を突きながらユックリと歩いてきた。
おじいさんは傘を差していなかった。

「傘買えば良かった!どうしよう、駅前まで戻って傘買ってくるか?」
そんな事を迷っているところへ
通りすがったおじさんが
「家は遠いですか?」とおじいさんに声をかけた。

「いえいえそんなに遠くありません」とおじいさん。
通りすがりのおじさんは、そうですか、と言い行ってしまった。


おじいさんの言葉を聞いて私も
そんなに遠くないんだったら・・・いいかな・・。
そう思い走り出した。
でも何だかモヤっとし、振り返るとまだおじいさんは濡れながらユックリと歩いている。

遠くないならいいのか?


何だかモーレツに申し訳ない気がした。


あとちょっとで、さっきの通りすがりのおじさんに追いつくという時、
おじさんは振り返って来た道を戻り、
おじいさんを追いかけた。


良かった。


今度同じシチュエーションになったら、
傘を差してる人を捕まえて送らせる事に決定。


東京葛飾生まれ。 江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 ツイッターアカウントpekorinnote

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

アイテム

  • p430.jpg
  • p432.jpg
  • p431.jpg
  • p429.jpg
  • p428.jpg
  • p427.jpg
  • p423.jpg
  • p424.jpg
  • p426.jpg
  • p425.jpg
    follow me on Twitter
    にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ 人気ブログランキング