2009年9月アーカイブ

母は美容院へ行くことを「パーマ屋に行く」という。
実際にパーマをかけに行かなくてもそう言う。

今日の午前中、
うちで飼っているトイプードルのワンコ達が見当たらないので
母に「2匹はどこ行ったの?」と聞くと、
「パーマ屋に行った」と答えた。

私はパーマ屋へ向かう2匹を想像して
「あのクルクルモコモコヘアーはパーマだったのかよ!
しかも連れて行ったくせに2匹だけで行った風に言ったよこの人」
と心の中で突っ込んで一人で笑っていたが
母は「あ、美容院ね」と言い直すだけであった。


2匹が帰ってきてストパーかかってたらどうしよ

p519.jpg

p520.JPG


p521.jpg

●嫌いなこと・・・眠りを騒音で妨げられること、勝手に入ってくる人、善意の押し売り

さきほどピンポンの音とドンドンと叩く音にて起こされる。
「すみませ~ん、すみませ~ん」と女性の声がする。
よろけながら服を着て髪を押さえながら玄関に行くと
2人の女性が半身家の中に入っている。

私が「何でしょう?」と聞くと「お宅、岩崎さん?!」
私「違いますけど・・」
女性たち表札をみて「あらー小堺さんての?岩崎さんじゃないのね、はいこれ
幸せになりますようにね」
といって渡されたのは宗教のパンフレット。

幸せどころか最高に不愉快な気持ちから始まる、この土曜日。
きっと天気が良いからお出かけなさいよと
起こしに来たキリストの使いに違いない。

「(嫌そうな顔全開で)ハア、どうも」




●好きなこと・・・こういうの書くこと↓
http://pekorinnote.com/blog/2009/09/1.html

18年前の夢を叶えてきました。


(DPZにも紹介されました~↓
http://portal.nifty.com/cs/konetadojo3/detail/090925108709/1.htm

p518.jpg

----------------------------------------------------------------------
今回のブログテーマは「ささやかな夢を叶える」。
身近にある小さい夢はろくなものが浮かばなかったので
「小さかった頃の夢」を叶えることにしました。
----------------------------------------------------------------------


小さい頃なりたいと思った事があるのは確か
正義の味方、ピアニスト、サッカー選手、探偵、何かの発明家、宇宙飛行士、画家・・。

子供というのは安易に夢が変わるものだ。
上に並べたのは当時のマイブームによって浮かんだ、
いかにも子供らしい夢だ。


そういえば・・
小学校の時の文集かどこかで自分の夢を書く欄があったのを思い出し、
引っ張り出してみることにした。

p460.jpg
↑小学校時代の卒業アルバム


あったあった。
「6の1 将来のゆめ」

p462.jpg
↑任天堂の社長とバンダイの社長に比べて控えめな「小さな会社の社長」と
書いた小原君。いま一番夢に近いとこにいるとみた。


p463.jpg
↑UFOらしきものに乗った皆の夢で一番多いのは「サラリーマン」。
あ、バンダイの社員がいた。



そしてこの時、私が描いた将来の夢は・・

p464.jpg
↑看護婦でも医者でもなく、すし屋。



p465.jpg
↑他の寄せ書きページでは「大金持ちになっていくらをいっぱい食うぞ!」と誓言。(真ん中)


・・とまあ小学6年生当時
私はお寿司、特にイクラが大好物で
いつかお寿司屋さんで働いて、客に握るついでに自分も
お寿司をつまみ食いするという夢を抱いていたということを思い出した。


p461.jpg
↑寿司くいねえの歌が好きだった小6時代


しかしそんな理由でお寿司屋さんになれる訳もなく
この夢はすぐに断念。

この時代より長き18年の時を経て
神経が図太くなった現在の私は、ふと思いました。

「本物の寿司職人になれなくても、
寿司を握ってたらふくイクラ食べるくらいの夢はイケるんじゃない?」

そう思い立ち、
近所の商店街にあるお寿司屋さんに行き、ダメ元で頼んでみた。

「あの・・・いきなり変なお願いで恐縮ですが、
小さかった頃の夢を叶えさせてください」と。
すると鉢巻姿の大将は笑顔であっさり
「いいよ。夢、叶えなよ」との声。


さすが下町!粋だね太っ腹だね!
さあ、これでいっときでもなりたいと思っていた夢が叶う!
しかもこんなにあっさりと。


そうして日を改め
9月22日、お店の準備時間である3時から4時の間の1時間だけ
寿司を握らせてもらうことに決定!!




p466.jpg
↑当日。葛飾区四ツ木1丁目にある「笹舟」。
美味しくてリーズナブル、人気のお寿司屋さん。奥にはカウンターあり。


p467.jpg
↑勝手に大将と呼ばせていただいた伊坂さんに握り方を教わります!

p470.jpg
↑カウンターの向こう側で緊張

p468.jpg p469.jpg
↑さっそく大将に手の洗い方からシャリの握り方を学ぶ


p471.jpg
↑いざ、握ります!「らっしゃいお客さん、何にしやしょ?」


p472.jpg p473.jpg
↑わざわざ来てもらったお客さん。『サラリーマン』が夢だった長谷川君と奥さん。


客「じゃあネギトロ」
私「(大将に向かいながら)へいネギトロね!」
大将「いきなり軍艦ね!じゃあシャリ持って・・」


p474.jpg p475.jpg
↑指の第二関節あたりにノリ乗せてシャリ乗せて、こう握って・・と丁寧にレクチャーしていただく。


p476.jpg p477.jpg
↑「あれ?」早速の違和感を感じはじめる。手にやたらと米がくっつくんですけど・・


p478.jpg
↑何はともあれ一丁あがり!「片方はオマケでネギトロたくさん乗せといたよ!」

この時大将に、皿を出す時は人差し指をスッと伸ばすとカッコいいと教わる。



p479.jpg p480.jpg
↑続けてサーモンとマグロの注文。

<握り方概要>
シャリを左手に持ち右手にネタ。
ワサビを人差し指でさっととりネタにつけ、その上にシャリ乗せて親指で一押しし、横から縦からも押さえる。
次に右手の親指と人差し指の間にひっくり返してそれを左手に手のひらに乗せて上から二本指で押さえて180度回して上からまた押さえて・・と何度か工程を踏まえて握るのだ!!


p481.jpg p482.jpg
↑左が大将。右が私。           ↑私はとにかくシャリが手にひっつく。


私「大将~!シャリが手について握りにくいです!」
大将「最初はそうなんだよな。米が手につかないようになるまでも時間かかるんだ。しかも男女で体温の差もあるし、スピードや水のつけ具合も関係するんだ」


時間のない私には仕方ない。このまま握るしかない。
(時折水に濡らしたり清潔なフキンで手を拭い米を落とすのだが
それでもついてしまうのだ。)


p483.jpg p484.jpg
↑人差し指を伸ばし「へいお待ち!」     ↑よく見ると軍艦のノリに米粒だらけ


p485.jpg p486.jpg
↑寄せ書きに「200才まで生きてやるぞ~!!」と宣誓していた長谷川君と奥さん。



p487.jpg p488.jpg
↑さっきとはちょっと握り方が違うと、教わりながらのタマゴ。まあまあ?



さてこの辺りから大将も仕込みで忙しくなってきました。
一通りの握り方は教わったし、一気に握りまっせー!


p489.jpg p490.jpg
↑はいエンガワね~!            ↑なんかガタガタ


p491.jpg p492.jpg
↑はい甘エビね~!(今回一番見た目悪い) ↑ニギニギ、ペタペタ(米がひっつく)


p493.jpg p494.jpg
↑はいマグロ~!             ↑ニギニギ、ニチャニチャ



p495.jpg p496.jpg
↑はいアナゴ~!(タレ忘れてる)      ↑はいイクラ~!


p497.jpg p498.jpg
↑あなたはこんな手の寿司職人を見たことがあるか?   ↑はいホタテ~!
いたらそいつはド素人です。




客たち「なんか、シャリが一回り小さく出てくるんだけど・・」




5分の1くらいは手にひっついているんでね。すいやせん!

p499.jpg p500.jpg
↑クレームが来たのでいったん手を完全に洗いに行って握ってみると・・初めて綺麗な手で出せた!


こうして私が寿司職人気分でノロノロネチャネチャやってる間
大将は何をしていたかというと、

p501.jpg p502.jpg
↑私の手元を見守りつつ・・       ↑早めに買いに来たお客の注文を受けたり


p503.jpg p504.jpg
↑シャリを準備したり            ↑魚をさばいたり


手際よく準備をしていました。
こりゃ忙しそうだ・・・
タイムリミットも近づいてきたし、
そろそろもう一つの夢にとりかかるかな!

そう、「イクラをたらふく食べる」夢に。


p505.jpg p506.jpg
↑早いのではなく、ブレているだけ     ↑大将が見てない隙にイクラたっぷり乗せる



p507.jpg p513.jpg
↑でーきた~!               ↑手シャリ最高潮



p508.jpg p509.jpg
↑ウフフ              ↑エヘヘ


p510.jpg p511.jpg
↑オホホ              ↑ウン


p512.jpg
↑夢が叶った幸せと、大好きなイクラ軍艦勢の総攻撃で嬉しさと満腹感と
若干のクドさを噛み締めている顔。





<まとめ>
自分で握った寿司を食べれて幸せでした。美味しかった。
意外だったのは手にひっつく米粒に苦戦したこと。
できれば包丁でネタをさばく事にも挑戦したかったがそんな時間は無かった。


今回、最初は夢を叶えようという企画だったけど正確に言うとそうじゃない。
下積みを飛ばし、仕込みを飛ばし、
実はシャリも形を作るまでは大将がやってくれていた環境で、
手には米粒だらけの素人がノロノロとプロの隣で握らせてもらえた。

これは夢を叶えたんじゃなくて「夢を叶えさせていただいた」ということだ。

そんな我儘な依頼を快く受けてくださった
大将にただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
(しかも相当安く食べさせていただいた)


今までは持ち帰りだけだったけど、
「お客の顔が見れなくて寂しい」という大将と
今度はカウンターで話しながら食べるようにしよう。


p514.jpg
↑大将の握ってくれたイカと甘エビ


p515.jpg
↑自分で握った中で(見た目的に)一番の出来だったアジ


p516.jpg
↑君も夢、叶えようぜ!(皿の出し方の決めポーズ)






<おまけ>
本日のお客さんたちの感想

ーーー長谷川夫妻
「プロのは寿司がしっかりと立つし、醤油をつけるのに寿司を倒しても
ネタが剥がれない。一番違ったのは(手早いので)ネタの温度が違った事。
ご馳走様でした。またおごってください。」

ーーー写真を撮ってくれた友人(女性)
「大将が好みだった。
出だしのネギトロのネギトロ部分が量多くて、地味に喉詰まった。
味は、お腹かなり空いてたのもあったけど美味しかった。
でも一つ一つのインターバルが長くて、思った以上にお腹いっぱいになった。」


勉強になりましたっ!




p517.jpg
↑ヘイらっしゃい!お客さん、今日は何にする?



(写真を見返すとどれも気持ち悪いくらい自分が満面の笑みだったので
ビックリだ。もしかしたら小6の時の私が憑依していたかもしれない。)




可愛いので保存

p459.gif

東京葛飾生まれ。 江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 ツイッターアカウントpekorinnote

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

アイテム

  • p522.jpg
  • p521.jpg
  • p520.JPG
  • p519.jpg
  • p518.jpg
  • p517.jpg
  • p516.jpg
  • p515.jpg
  • p514.jpg
  • p513.jpg
    follow me on Twitter
    にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ 人気ブログランキング