2010年2月アーカイブ

私は酸っぱい食べ物が大好きだ。
胃が荒れるほど好きだ。

色々な酸っぱいがあるけれど、
コンビニで手に入る酸っぱいの中では
「酢だこさん太郎(10円)」が一番酸っぱかろうと思う。

この、体にもちょっと悪そうな酸味を、
特に疲れのたまった金曜の帰りに他の酸っぱお菓子と共に買って帰る時の
ワクワク感たるや。

しかし
先週の金曜日に手に取った酢だこさん太郎は、
何かは分からないが、ちょっとした違和感を感じたのでした。

まあでも特に気にするでもなく
家に帰り食べてみるとなんと・・・!!

中身が甘かった。
そう、味はまるで「甘いか太郎」。
賞味期限が切れて味が変わったのでもないようだ。
ちなみに買っていった5枚とも甘かった。

中身・・・入れ間違え?

酸味を求めていた私は憤りを感じながらも、
「これってやおきんさん(製造元)に伝えた方がいいのかな?
酢だこさん太郎が甘いか太郎になってます、って言えば伝わるかな?」
とサイトを探し電話をかけようとし、たところで面倒だからやめた。(ちょっと酔ってたし)

そして気づく。
あの時感じたあの違和感は
「手に取った時の柔らかさがいつもの酢だこさん太郎ではなかった」ということを。

~今日のトリビア~
「酢だこさん太郎」は「甘いか太郎」より柔らかい。
~~~~~~~~

次の日、気になった私は
同じコンビニに行き酢だこさん太郎を蝕検した。
手触りがみんな柔らかかったので
恐らくいつもの酢だこさん太郎に戻っていると思われる。
(何枚か買って食べた。酸っぱかった。)


私にとっての一大ニュースのこの「2.19太郎違い事件」。
周りから耳に入ってこないのは何故でしょうか。

 
p609.jpg
私が好きなのは酢だこさんの方の太郎!



先日読み終えた矢沢永吉の本「成りあがり」。
永ちゃんが眩しすぎて、世界が違いすぎて感情移入はできなかったけど
文章も魅力があって面白かった。

色々いい事書いてあるけど
私が始めの方で度肝抜いた文章を抜粋しておくことにする。


(略)
斜めうしろ見たのね。パッと見て・・・。
それが、やっぱり初恋だったのよ。パッと見て、ガバーっとなったもの。
マジにさ、ガタっとなった。
「わあ、マッブイじゃん!!」
それで前向いて、うわあって感じ。
(略)



何だかよく分からないけど伝わるよ、パッションが!
こういうテンションで何か文章書いたら面白いかも。
気づけば2月。
2月と言えば6日に私の誕生日があったんですけど
この歳になってあえて何をするでも無く。

昼間はヤボ用ででかけ、夜には
近所のラーメン屋(旨い!)で半チャンラーメンと餃子を食べ、
帰って犬達とたわむれていると
母がケーキを買ってきたと言う。

ケーキの上には「HappyBirthday久美子さん」。
「久美子さん」なんてこれまでに呼ばれた事もないので
かなりの違和感を感じつつ、「どうも」と言う。

その後母はロウソクをつけ、
電気を消し、なんとハッピーバースデーの歌を歌いだした。

恥ずかしい・・・
(家での私は基本的にテンション低い)

これは一種の親孝行だと自分に言い聞かせながら
ロウソクを吹き消した。

母は歌を最後まで歌いきった。
犬達と目を時折合わせながらだったので
気分的には犬達との合唱だったのだろう。

母が31歳の時に産んでくれて丸31年。
・・・あちゃー


お腹いっぱいの後に食べたケーキは甘さ控えめ
大人向けの味でした。

P1030517.jpg



東京葛飾生まれ。 江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 ツイッターアカウントpekorinnote

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

アイテム

  • p609.jpg
  • p608.jpg
  • p607.jpg
  • p606.jpg
  • P1030517.jpg
    follow me on Twitter
    にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ 人気ブログランキング