2010年11月アーカイブ

前に「所さんの目がテン」で検証していたが
男性の方が駄洒落が思いつくようだ。

緊張もあっただろうが、
ダジャレ対決で女性は何も出てこなかったのを覚えている。

--参照--
ダジャレを考えている間、男性の脳の方が赤い強い反応を示しました。
これは、一つの言葉から違う言葉を作り出すブローカー野と呼ばれる部分の働きが、
男性より女性の方が比較的弱いことを示しています。
だから女性はダジャレをすぐに思いつかないのだそうです。
----

しかし近々その駄洒落というのに
トライしなければならない流れになっている。
全然自信がない。ああ嫌だ!


ちなみに若者よりもオジサンがよく言うのは、
思いつくかどうかではなく羞恥心が働くかどうからしい。
納得。


関係ないけど、居酒屋やファミレスでソーセージを頼むのは
ほぼ男性だという事に気づいた。
11月26日(金)
建てたばかりの友人の家に呼ばれていたが、調子が悪いというので延期のメールが。
しかしどうも精神的なものからきている様だったので
どこかで軽く話すだけはどうかと聞いたら
一度断られたが、その後考え直したのか会うことになった。

本人もメールで書いていたが明らかにやつれていて、
元気が無かった。

話を聞く事しかできなかった。
家の事情(旦那の家族との問題)、自分の仕事、お金の問題。
こうしたら?と気軽には言えなかった。
同い年なので「そういうもんだ」なんて言えるものでもなかった。

ただ口に出すと整理出来ることは多いし、
誰かに同意をしてもらうだけで心が軽くなるものだから
彼女がちょっとでも眠れるようになればいい、のだけれど。


提案した中で、「丸く収まるなら嘘をつけば」と私が言った。
彼女は「自分が好きな事は理解してほしい、嘘はつけない」と
言っていた。私の好きな、彼女らしかった。



11月27日(土)
しばらく販売停止されていたと思しきセブンイレブンの
「いかなんこつ 甘酢味」が、1個だけだが売っていた。
p720.jpg

似たような食べ物はいくつかあるが、このセブンのが一番美味しいのだ。

私はこの食品が店頭に並ばなくなった事に気づいたとき、店員に聞いた。
・この店だけ置かなくなったのか
・私同様のファンがいて、買い占めているのか
・販売停止になったのか

しかし当時「分かりません」としか返答が返ってこなかった。
それからセブンでは見かけなくなった。

再販になったのか、それともこの店の在庫が1個だけ出てきただけか。

とにかく、一気に食べた。

<その他>
・DPZに14本目、「カラオケの採点に歌詞は関係するのか」を掲載してもらう。

http://portal.nifty.com/2010/11/27/b/


・翌日山に行くことにしていたのだが何も用意していなかったので
夜になってコースとか調べたり準備を始めた。
なんと5時起きレベルの立派な登山だった。



11月28日(日)
5時起き、登山。
p721.jpg
早朝の電車内。このスーツの男が酒くさいわ態度でかいわミサンガつけてるわ・・・



wikipediaに書いてあった「軽装で行ける」、
ネット情報の「初心者向け」「ハイキング」という情報を
信じていたが、甘かった。

行きは急斜面で景色の変わらない状況で汗かきのぼり、
帰りは手をつきながらの沢下り。
一番つらいのは行きも帰りも、バス停からの距離が2~3キロと離れている事だった。

一緒に付き合ってくれた友人は私より甘く見ていなかったものの、
かなり疲労していた。

山を降りてからバス停と温泉のあるところまで45分くらいかかった。
温泉に浸かったあとの休憩室、疲労と心地よさで友人は即寝た。
私は道中も色々食べていたのにお腹が空いてしかたがなかったので
大きい饅頭を2個食べて幸せな気分になってから寝た。

帰りの電車でもお腹が空いていた。
2人で肉が食べたいと言っていたが
駅を出て店を探す気力が無かったのと
友人が親から「ご飯どうするの?」というメールが届いたため
じゃあ家に帰ろうかと駅を出ずに乗り換えた。

友人は「家で食べます」とメールを返していた。
私は家に誰かいるだろうか、鍵忘れたかもなあと考えていた。
友人にメールが届いた。
「ご飯、何もないです」

じゃあなんで聞いたんだよ!と笑った。

私は帰りに何か買っていこうかと迷ったが
家に帰ると珍しく母がご飯を作っていたので、ついでにいただいた。

龍馬伝の最終回を見ながら食べた。
焼き魚だったけど旨かった。


最近よく聞く「女子会」。

そんなのしょっちゅうやってるよと思ってたら定義が
「女子だけでオシャレして、 ファッションや恋バナにキャッキャする食事会・飲み会」。

一回もやったことなかった。


11月22日(月)
記憶が無い。



11月23日(火・祝)
短い貴重な秋が来ていたのに近所や会社回りだけだと
感じられない。

という事でいつもの上野公園に散歩。凄く綺麗な色だった。
p722.jpg

途中急にお腹が空いたので
昔美術館でバイトしてた時によく食べに行っていたクレープ屋で
一番色々入ってるのを選んだ。
(値段一緒だったから得かと思って)

そしたらなかなかのボリューム。
そんなに好きでもない生クリームとチョコの甘さですぐに飽きた。
しかもその後に動物園に入って動物の匂いを嗅ぐ(企画の前調査)
という事をしたので気持ち悪くなった。

それでも秋晴れは美しい。
銀杏、臭い。

p723.jpg
イヒヒでげすね


<その他>
久々にオンラインゲーム。ずっとやっちゃうよ


11月24日(水)
沈んだ気持ちで編集。


もう寝ようとした24時頃、
ある人のブログや写真を見だして思いもかけず感動。
影響されてたまにはこういう風に考えをストレートに書くのもいいかと思い
書き出したが、そもそもその人とは性格が違う為
全然違う方向になってた。

暗い事ばかり書いてたので公開やめた。
3時になってた。


11月25日(木)
電車から見える、土手に生えている一本の木。
絵になる。

でも同じような木が周りにたくさん生えてたら
単なる集合体の一本、目に留まらない。注目浴びない。

人間に置き換えたら、どっちが幸せかなと考えていた。

1人は寂しいし面白くないから
強烈な臭いを出すとか変な実をつけるとか
そういう事して違いを見せればいいかもね。


このブログを書く意味はいくつかあるけれど
ちゃんと「起きて生きて」いる証明であり
あまり寝過ぎないようにという自分への確認、戒めでもある。

今週末はそういう意味では最高に反省すべきくらい、
寝た。

なので書く事もない。
人生に無駄な事は無いと誰かが言うけど無駄な事はあるよ。


11月19日(金)
直帰してDPZラジオを初めて生で聴いていたら
私の似顔絵を描いてくれた方がいた。
こんな可愛く描いて貰えるとは。(大安だからか)

http://twitpic.com/38649q

この顔ならサザエさんに出られそうだ。

母たちは夜から新潟のおばあちゃんちへ。


20,21
この週末は犬の散歩以外家に引きこもって主に寝ていた。
引きこもっていると気分が落ち込んでくる。
面白い事は起きないし。
(犬が喉にダイブ着地してきて涙出たとかはある)


しかしどれだけ寝ても夜にはちゃんと眠くなる。
私を動物に例えたらナマケモノだ。

と思ってwikipedia見たらなんて幸せそうな顔だろうか。
なんか自分の顔にも見えてきた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%8E


---引用---
機敏に動くことができないので、ワシには簡単に捕食されてしまう。
急速に突撃してくるワシの一撃は強力で、
攻撃を受けたナマケモノは大抵すぐに絶命してしまう。
ワシのエサの3分の1は、ナマケモノが占めている。
---------


ワシ嫌い!



・・・しかし天敵であるワシを調べてみると目を見開き何と凛々しい事か。
国章とかになっちゃってるしね。
という訳で今日からワシを目標に
起きて生きる!

ナマケモノよさらば
会社の卓上カレンダーには六曜が書かれている。
毎朝メモる事があるので、今日が大安だとか仏滅だとかが分かる。
占いとかそういうのはそんなに信じないけど、
目に入ると多少は気になるもので
六曜が書かれているカレンダーは苦手だ。(でも面倒なので替えない)
昨日は仏滅だった。


それで、という訳でもなく
私は昨日ずっと悩んでいた。
ある企画を1人でやるのか、編集部の方に手伝ってもらうのか。

結局、1人でやってもつまらないし
週末は新潟(おばあちゃんとこ)に行くため友人に頼む時間も無いし、
早めに素材が欲しいしで手伝ってもらう事にした。

結果もの凄い緊張する事になり、
変なことにつきあわせてしまった事に恐縮。(しかも5人)
緊張しちゃうと楽しいという感情がどこか行って
とにかく早く終わらせたいと思ってしまう。

この状況、想定内になきにしもあらずだったので
後悔の嵐。
帰りは動揺して電車を降り損ね、
どこかで遅延があったのか終電になってしまった。

そして家に帰ると、週末あんたは行かなくて良いと言い渡され予定がなくなった。
えへえー・・・

できる事なら時間を巻き戻してあの1時間は無かった事にしたい。
早く忘れようとすぐに布団に入った。
起きても夢にはなってなかった。



そんな事があり仏滅の日は
昔から言われるように大人しくしていた方がいいのだろうかと
ちょっと思ってしまった。
今日は大安、何か良い事あるといいね。
5年近く前に「マネー川柳」というサイトに投稿した
「いちじゅうひゃく せんまんあれども ごえんなし」
という句は、全く選考に引っかからなかったけど
当時と状況(ご縁の無い状況)があまり変わらないためか
今でもたまに思い出す事がある。


一方、同じころにDPZに投稿した「悲しいハイク」は
掲載してもらえていた。(昨日見つけるまで完全に忘れていた。)

http://portal.nifty.com/toko06/01/04.htm

なんて能天気なんだろう。

しかしどちらも、当時起きた出来事とか心情を、
くだらないながらも反映している事は確か。


昨日は替え歌を作った。
感動する詩にしようと思いつつ
あまり時間かけることもないなと書いていたら
気の弱いオッサンの愚痴になっていた。

いま私はオッサンの心情なのか。
これは企画NGになったらゴミ箱行きで、きっとすぐ忘れる。

でもまあたまには
こういう言葉遊びをするのも楽しいなと思う。

先日のセルフカット記事の時に大量に撮ってもらった写真の中にあった
凶悪な目つき。


p697.jpg
やんのかこの野郎

p698.jpg
いや、これでも真剣に聞いてるとこっス


DPZでは爽やか笑顔キャラでいきたいのでこういうのは載せない
スーパーの惣菜コーナーで2枚ほど写真を撮っていたら
怪しまれてしまったのか真隣にお店の人が来た。

私は撮れたからもういいや、とその場を離れた。
でもちょっと歩いた所で、一応遠めの写真も撮っとけば良かったかなと思い
振り返ってみると
そのお店の人が目で追っていたようで私と目が合った。
怪しまれている。

そんな時、一体どんな顔をしたらいいのか。
私は「(あ、怪しまれてる。写真を撮りたかっただけなんです。
怪しい者じゃないんです。物騒な世の中に変な動きしてすみません)」
というのを伝えたくて、怪しくないアピールのために
半笑いを浮かべた。

そしてソソクサとお菓子コーナーへ。


あの時、どんな顔したら正解だったんだろう。


<その他>
・帰りに浅草へ。
1人でワンカップ持ってフラフラしながら歌っている、絵に描いたようなおっちゃんが。
実は役者ということはないのだろうか。

・近所の小さい図書館に行ったら17時までだった。はや!
お昼に一緒に食べている女性(年上)は
リアクションが基本でかい。
そんなに驚かんでも、という事に
もともと大きい目をさらに大きく見開く。

で昨日、週末何してた話をしていた流れで
私が昔行っていた名画座の話になった。

先日の日記に書いたように、
「知人におススメされた映画がちょうどやっていたので見に行った。
その知人は20回以上見てるらしいんですよ」
と話したら
「えええー!20回~!」と言っていつもの大仰なリアクションで目を見開いた。

またそこまで驚かんでも、と私はいったん視線を落とし
「なかなかそこまで見る映画って(ないですよね)・・・」と言いながら
彼女の顔を見たら、目の横にビニールみたいな透明なものが。

え、なに?と思ったらコンタクトレンズだった。
私はコンタクトをした事がないのだが、
驚きすぎると飛び出るんですか?

何事も無かったかのように(そこは冷静なリアクションで)
彼女は目にコンタクトを入れた。

そっちのが驚くわ

11月12日(金)
お昼を早めに出たいという人がいたので
10分前に待ち合わせようという事になっていた。
その確認メールが4回くらい行き交っていた。
そんな書かなくてももう分かったわいと思っていたが
私は他のメールを書くのに集中していてウッカリ忘れていた。

電話が来て気づいたのが約束の7分後。
まずい!とバタバタと慌しく出たら片方の黒い靴下が脱げたまま
サンダルはいて出ていた。

もうだいぶ寒くなってきた中、
片方だけはだしのサンダル(黒くてかかとに引っ掛けがあるオバサンサンダル、最近購入具合GOOD!)
はけっこう目立った。
その状態で階段1段飛ばしで急ぐ姿を
お店の中から見られていたらしい。
何だか色々駄目な感じ。私は陽気なサザエさんか。


ちっさい靴下(フットカバーというやつ)はすぐ脱げるので注意。



11月13日(土)
13本目「美容師に聞く、セルフカット」を掲載してもらう

http://portal.nifty.com/2010/11/13/a/

実用的だったからか、自分の今までの記事中で一番反響あったみたい。
わざわざ4人に時間作ってもらった甲斐がある。


午後、犬の散歩兼ねて撮影の手伝い。
犬が嫌がっていた。


11月14日(日)
昼間にだいぶ寝てしまい、夜に活動。
といってもほぼインターネット。

夜中3時ごろ、「プレデターが街に出たー」
http://blog.movie.nifty.com/blog/2010/11/post-baed.html
という記事を読んでから寝たためか、
物凄い怖い悪夢を見た。

かいつまむと兄達が覚せい剤漬けになっているのに気づき
私がこっそりクスリを取り上げて逃げるが最後には
狂った兄がナイフで自分を刻み血だらけになりながら
私に向かってきて最後私は自分の部屋で
銃で撃たれるというものだ。

あの表現を映画でやったらなかなかの恐怖だと思う。

もう6,7年前ぶりになるのか、すごく久々に名画座ギンレイホール(飯田橋)に行って来た。
ここは常に2本、味のある旧作映画を見る事ができ
2週間ごとに入れ替えるので月に4本見れる。
年間48本。

お得なことに、年間パスポートが1万円で買えるので映画が好きだった私は2~3年通った。
ほぼ一人で。よく原付で。


当時、せまくて具合のよくない椅子に4時間というのは
今思うときつかったなあと思う。
久々に行ってみると座席は快適になっていて大した辛さはなかった。

何で久々に行ってみたかといえば、
先日映画の話になった時に薦められた「幸福の黄色いハンカチ」がたまたまやっていたから。
その人は20回以上見たと言っていた。
私はどんなに好きな映画でもそこまで見た事がないので興味を持った。

一緒に上映されるのは「おとうと」
こっちを先に見た。
吉永小百合がなんと綺麗な、、ああ泣ける。鼻水が出た。
ティッシュを持っていて助かった。

次に見た黄色いハンカチ。
めちゃくちゃ良かった。あれは北海道が舞台だったんだ。
武田鉄也と桃井かおりのやり取りが面白くて声が出るほど笑って涙が出た。
ティッシュあってよかった。周りの人もたくさん笑っていた。

ラストもきっとハッピーエンドだと分かってはいたんだけど
「ああそうきたかー」とグっときて涙。

一人で行くと思い切り泣けるのがいい。
泣いた後の爽快感を久々に感じながら、
確かにまた見たい映画だと思った。

p696.jpg
幸福駅は関係なかった。(去年の写真、母と)


家に帰ってご飯を食べようとしたら、
いつにも増して甘えるように
私の膝に手を置き愛おしい目で見つめてきた。

私はその眼差しに耐え切れず、
しょうがないなと言って頭を小突き、
お箸に乗せたご飯を「あ~ん」と言って食べさせる。

長く伸びた口ヒゲについたご飯粒をとってあげながら
美味しそうに食べるその表情を見て、
ちょっとした幸せを感じます。


わんこ可愛い。
昨日はあげすぎてこぼしてしまい、
ゲンキの耳にご飯粒が絡んで取れなくなった。


<その他>
・帰ってひと眠りしてからずっと編集。
なぜこんなに時間がかかるのか。頭が鈍ってるからだ。

・漫画「モテキ」3巻まで借りていたので読んだ。
絵も上手いし面白い。作者が女性というのがまた面白い。
ネットで見つけた「高知県民の食卓には必ず味のりがある」
というのが本当かどうなのか
高知の友人に協力してもらい何人かに聞いてもらった。

結果、嘘だった。

誰だそんな地味な噂流したのは。
11月4日(木)
いつも眠い私にとって、ショートスリーパー(睡眠時間が短い人)は憧れだ。

all aboutに載っていた性格の差を読んだら
一層羨ましくなった。

---参照---

ショートスリーパーは外交的で勤勉なため社会に適応しやすく、
自信を持って精力的・野心的に活動するため多忙です。
また不平不満はあまり持たず、自分自身や現在の状況に
おおむね満足しています。

一方、ロングスリーパーは、内向的で孤独を愛し、
創造的でしかも細かい点にまで注意を払います。
また、社会や政治に批判的な眼を向けるので、
現状に満足せず気苦労がたえません。



ショートスリーパーの有名人には、ナポレオンやエジソン、
レオナルド・ダ・ヴィンチがいます。
みのもんたや明石家さんまも、この中に入るようです。
日本人での割合は5~8%で、勉強や仕事、遊びで忙しい若い
世代に多く見られます。

ロングスリーパーの日本での割合は、3~9%です。
アインシュタインもこのタイプで、毎日10時間以上眠っていました。

------

アインシュタインに勝手に親近感。
それにしてもよく寝るわ批判的だわ気苦労するわ・・・
しかもロングスリーパーの方が早く死ぬっていうし、
良いとこないな。

<その他>
・友達の仕事提出
・夜、パソコンしながら左手で何となく唇の皮を引っ張ってたら
縦に2センチくらいいっちゃって前歯のあたりが血まみれになった。
痛いしバカぽい




--->ここから高知旅行。写真あとで。

11月5日(金)
高知へ遊びに。
ちょうど羽田空港行きの電車が来たので一眠りしたらすぐ着いた。

お土産はすでに用意してたけど、東京と言ったらべったら漬けだ
と誰かが言っていたのを思い出し空港で購入。

飛行機に乗り一眠りしたらすぐに高知空港について、
外に出たらナホが迎えに来てくれていた。

まさかの黒のベンツで登場。
しかも3日前に来たばかりの新車だという。
親ヤクザ?と聞いたらガリガリやでと返事がきた。

半袖でもいいんじゃないかという位の暑さの中、
とりあえず昼ごはんを食べにお洒落なロッジ風のカフェへ。

ナホに会うのは2年ぶりか。高知は4~5年ぶり。
メールのやり取りをたまにしていたので、
変わった風は無し。

高知駅前のホテルに行ってみると喫煙室で、
最初はまあいいやと思ったけどどうしても臭いので
試しに禁煙室が空いているか聞いてみたらOKだった。
行ってみたらツインの部屋で広くなった。ラッキー。
(でもどうせならダブルの方がベッドが大きくていいけど。

その後、駅前でやっていた「土佐・龍馬であい博」に行き龍馬になったり、
(びんぼっちゃま仕様の服を着て龍馬になれる)
はりまや橋で顔ハメをしたり商店街をうろつきカフェに入ったりした。

夜、ギターの先生の「いちむじん」凱旋コンサート@かるぽーと。
1200人会場がなんと完売。
早めに行ったおかげで3列目の真ん中辺りで見れた。
ナホもかなり気に入ってくれた様だ。

お客さんの大半が女性で、皆語尾に「ちゅう」をつけていたので
地元の人だと分かる。

終わったあと、「堀川」という元酒蔵の居酒屋で閉店まで。
カツオやら四方竹(しほうちく:痛みが早いので県外では食べれない)といった
高知の味を堪能。

恐れていたナホの酒豪ぶりは健在だったが
昔のように「もっと飲めや」のヤクザ飲みは
なかったので安心して飲めた。
私が1杯飲む間に彼女は3杯ペースで飲んでいた。


11月6日(土)
晴天。
朝起きるとギター教室の生徒の一人、亀山さんからメールが来ていた。
先生に私の連絡先を聞いたという。

私も高知に来ているのでもし良ければ一緒にどうか、
というメールだった。

そんな流れで一緒に須崎というラーメンの名所に行くことにした。
ナホをヤクザです、と紹介して車に乗り込む。
亀山さんは何となく気が合いそうだなとは思っていたが、
聞くと同い年で、意外とアグレッシブな性格だと分かり
ナホともすぐ仲良くなっていた。

須崎でラーメン屋3軒はしごして、
皆お腹パンパンの中笑って苦しかった。
キムチラーメンは唇の怪我にしみて痛かった。

その時点で14時。
私はカツオ人間というレアキャラが昨日行ったかるぽーとに来ているという
情報を思い出し向かってもらった。

わざわざ東京から問い合わせていたので是非会いたい。
出演時間の15時半にちょうどついて、
カツオ人間を見つける事ができた。

可愛い。モリゾーとキッコロに次いで気に入った。

その後まだ日が落ちてなかったので、桂浜に行く事にした。
以前行った時は夏で暑かったが、
日が落ち気味の時間で秋風が心地よく、
夕方の不思議な色合いの雲とザザン!!という荒波の音と、
鎌倉とは比べ物にならないほどの青い色した海が、
遠く高知に来たんだなあと思わされた。
(寝てたらすぐ着いた印象だったから)

その荒波を見て「今一度、日本を洗濯いたし候」と
かっこよく言いたかったが「日本を掃除するぜよ」と言い間違えた。



初めて桂浜に来た亀山さんは空と海の色に感動し、興奮していた。
砂浜をかけて海に近づいていった。
ナホと私は砂が靴に入るのが面倒なので立ち止まってその光景をみていた。

亀山さんと海とがいい画だなあ、と思い写真を撮った。
だが私のカメラは今、空のように明るいところを撮ろうとすると
黒ポチが右上に出てしまう。
せっかくの景色が台無しでひんしゅくを買った。

後で修正して渡す事にした。


亀山さんをホテルに届けてお別れ。
夜ご飯も誘ったがお腹いっぱいでもう食べれないし、
2人で話したい事があるだろうから夜は遠慮するとのこと。

たぶんもう一つの理由はお酒が1滴も飲めないからだろう。
ドライブ中に私たちの昔のお酒失敗談(ナホ→ヤクザの車に蹴り。
私→起きたら線路の上で寝てる)を聞いていたから
怖くなったに違いない。

昼も相当食べたけど夜もかなり食べた。
刺身盛り合わせ、青さのり、とろろきのこ、イカ団子が特に美味しかった。

おススメの店を2軒回り、ナホは最後まで豪快な飲みっぷりだった。
フラフラしながらタクシーで駅まで送ってもらい、
やっと1軒見つけて予約しておいた丸米旅館に電車で向かう。
23時過ぎに着いた。

本当にここしか宿が取れなかったので、遠いとはいえ最後に空いていた
旅館とはどんなところかと怪しんでいたが
優しい笑顔のおばちゃんが迎えてくれて、部屋も清潔感があった。
なぜか漫画本、漫画雑誌、プレイボーイがあった。

浴衣の肩の下あたりが破けていたのはご愛嬌。



11月7日(日)
夜中2時ころ近くで若者の酔っ払いが
車を叩きつけるような音をずっと出してて怖かった。
そのせいで怖い夢見た。

外を見ると小雨が降っていた。
ナホが来るのを待つ間、宿のおばちゃんと話す。

玄関に貼ってある龍馬伝(福山)の宣伝ポスターは市から勝手に送ってきたはいいが、
貼れるのは今年だけで来年には返さないといけないらしい。
盗まれたら分かるように番号も書かれているとか。

勝手に送ってきて送り返せってねえ、と笑っていた。

ナホが来てくれて、その辺り(香南市のいち)で調べてくれていたおススメのカフェでご飯。
高知では最近小洒落たカフェが乱立しているらしい。
それこそ涼子ちゃんが結婚したキャンドルジュンを呼んでイベントしたりするとか。

ゆったりしたお店で、最後まで美味しい食事。
今回はグルメな旅ができた。

最後に、あれば買ってきてと友人に頼まれていたマイナー菓子
「エチオピア饅頭」のお店を偶然発見。

新聞の切り抜きが貼っておりその中で涼子ちゃんもおススメしていたが
賞味期限が3日という事で自分ち用だけにした。
(ナホが買ってくれた)

高知空港まで送って貰い、
飛行機で寝て、電車で寝たらすぐに家に着いた。

夜、須崎のラーメン屋で11個200円で売っていたみかん(高知は柑橘系が美味しい)と
エチオピア饅頭を食べながら、
休みを取って3日間付き合ってくれた友人がいる事が有難く、
景色もグルメも出会った人々もすばらしかった高知に
早くも、また行きたいなと思った。
11月2日(火)

母の友人が北海道からじゃがいもと玉ねぎを大量に送ってくれた。
ギターの先生家にあげようと走って(意味は無い)持って行ったが誰も出ない。
でも一部に電気がついてたから帰ってくると思い
玄関の所にひっかけて、メールをしておいた。

すると奥さんは妊婦のため実家に帰っているとの事だった。
ギターの先生は忙しくて料理なんてしないだろう。
使い切れなそうなら誰かにあげてくださいと返事したが、
完全にありがた迷惑となった。

昔行ったミステリーツアーのお土産で、
最後に大量に渡されたゴボウを思い出してしまった。
まあ・・嬉しかったけどね。


<その他>
夜小腹が空いたので、宙博で買ってきていた
いちごショートケーキを食べる。
p695.jpg
要はドライにしたものだ。小さい。
イチゴ部分は歯にくっつく感じだったけど、
その他の食感はサクサクというよりはモフポロといった感じで好き。
味もまあまあ美味しいと思った。
ちょっとしたおやつや夜食に良いね。

もんじゃにしなくて良かった。


11月3日(水・祝)
夜、いつものお寿司屋に買いに行く。
最近週1ペースになってます、という事を大将に言ったら
ギターの先生は今週3回買いに来たと言う。
やはり奥さんが不在だからか・・・それにしても寿司多すぎ。

持ち帰り、居間で旨いと言いながら食べていると、
母も食べたいといって買いに行った。

ここは「お任せ」握りなのだが、
どうやら私の方がネタが良かったらしく
母は「さすが常連は違う」と言っていた。

単にネタ切れじゃないかとも思うが、
「次からは私の名前出せば良いネタ入るかもよ」と偉ぶった。


ちなみに大将に、お寿司を食べる事があるのか聞いたら
「食べますよ、でも美味しそうじゃないとこ。
美味しいとこはお客さんに食べてもらう」
と言っていた。流石~!


<その他>
・The秋晴れ。昼に犬達と土手に行った。スカイツリーも大分伸びてきた。

・美容院。店長が徐々にマッチョになっていくのが面白い。

マッチョ界では筋肉が「でかい」と言うらしい。
それと彼らの話題は筋肉と食事の話しかないと言っていた。


昨日はあるサイトに載っていたやり方を参考に100回腹筋をした。
(と言っても肩甲骨を上げる程度の軽いもの)

そして翌日の今日
おかしな事に、首と腰だけ痛い。


<その他>
朝寝ぼけてる状態で洗面所のドアを開けたら、部屋の真ん中に
犬のウンがドーンとあって衝撃をうけた。

密室ウン事件
10月29日(金)
先日撮って貰った大量の写真を見る。
こんなに自分の色々な表情を見るのは初めてで、他人のようにも感じた。
写真といえば、「撮るよ」と言われて撮られる事が多いから
作り笑顔になるものが多い。

その写真の中には、作ってない笑顔がたくさんあった。
そしてなぜか異常に凶暴な目つきもあった。

いくつくらい顔の表情があるんだろうか、
並べてみるのも面白いかもしれない。
やらないけど。



10月30日(土)
寒い。
台風14号が来ていたので昼間の外出はやめ、
借りっぱなしだった映画DVD「オールドボーイ」を見た。

最初見たとき、途中でウトウトして結局寝てしまい
内容が分からない状態で放置してしまっていた。
なのでもう一回はじめから見てみる。

やっぱり途中で寝てしまった。
内容はバイオレンス&サスペンスで衝撃的シーンが多いので
割と一気に見れるだろうし
いくつか受賞もしているので面白い作品なのだとは思うのだが。

全体的に暗い映像は寝てしまう事が判明。

<その他>
夜には台風が去っていた。
漫画交換飲み会に2ヶ月ぶりに参加@小岩。
「岳」という山の遭難救助の漫画が凄い。
高所恐怖症なので山の氷壁を登るシーンや人が落ちるシーンを
見る度にゾゾっとする。



10月31日(日)

本当は土曜の昼に行く予定だった「宙博(そらはく)」@九段下。
武道館を超えた辺りで、人の列が見えた。
まさかの入場の列だった。

「あ、帰ろう」と思ったが一応確認と思って科学技術館入り口に向かうと、
宙博は2時間待ちだと言っていた。(後では3時間待ちに)
「よし、帰ろう」と思ったが2階から5階の常設展なら
券があれば入れるという。券は持っていたし折角なので入る。

すると子供達がキャーキャー言って楽しんでいた。
宇宙に関してもだが、電気、風、水、生命科学、ロボット・・・
色んなテーマで、遊びながら楽しく学べる工夫がされてる。
こりゃあ子供には楽しいと思った。

私は大人で一人だったので我慢だ。
子供がやっている事を横でチラ見して、
いつか空いている時に友達の子供でも連れてこようと思った。

一通り何となく見終えた時、
エスカレーター横にチョンと置かれていた、
ゲーセンに置いてある腕相撲の機械のようなものが目に留まった。

そこには誰もいなかったので
私は一人、腕相撲の形をとった。
別に押しても動かない。説明もない。
うーん、なんだこれ?と思った瞬間
ビリリリッ!(電気)

「わっ」と小さく言った後、常設展を後にした。
もう帰ろう、そう思った時
松本さんが取材に来ている事を思い出し常設展の感想メールをすると
ちょうど地下で食事しているというので挨拶だけと思い行った。

すると奥さんやご友人たちがいて楽しい雰囲気。
オススメされた講演会「宇宙に終わりはあるのか(村山斉さん)」を
そのお仲間さんたちと一緒に見た。

分かりやすくて凄く面白かった。
宇宙の本に夢中になっていた、
そんな時期もあったなあと思い起こす。


その後、用事があったので一足先に帰った。
お土産に宇宙食「いちごショートケーキ」(630円)を買った。
「もんじゃ」にするかけっこう迷った。
東京葛飾生まれ。 江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 ツイッターアカウントpekorinnote

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

アイテム

  • p719.jpg
  • p718.jpg
  • p717.jpg
  • p716.jpg
  • p715.jpg
  • p714.jpg
  • p697.jpg
  • p698.jpg
  • p696.jpg
  • p695.jpg
    follow me on Twitter
    にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ 人気ブログランキング