の最近のブログ記事

3月1日(火)
色んな笑いがある。
お腹抱えて笑う、クスリニヤリと笑う、愛想笑い、半笑い。

家庭の医学というTVを見ていた母。
「それでは皆さんもやってみましょう」と司会者がいって
ゲストたちが健康の為のフラダンスメソッドを教わる。

その時私は床に座って犬とじゃれながら見ていた。
母は「じゃあ一緒にやりますか」といって立ち上がり
スパッツ姿で腰を振り出した。
そのお尻の位置は私の目の前。
ゆっくりと振られる大きいおケツ。

勘弁してくれよ、という不快感とガッカリ感がジンワリ混じった変な笑い。

こういう笑いは何て呼ぶんだろうか。


3月2日(水)
献血を断られた。連続で3回目。
1回目と今回の理由はヘモグロビンの比重が足りてないかららしい。
2回目のときはB型は足りてます、という理由。
(血も新鮮な方がいいので、無駄に採ることはしないそうだ)

問診や血圧(ギリギリセーフ)をクリアし、水分補給のアクエリアスを飲み、
本番前の検査で血を抜かれた結果NG。
すごく悔しい。
レバーを食べてから行けば良かっただろうか。

そういえば注意書きの中で何とかという育毛剤を使ってる人は採れないと書かれていた。
その理由で断られるのはもっと悔しそうだ。

それと美容に使うプラセンタ(胎盤)注射をした人は
一生献血をしてはいけないらしい。
それを知りながらも昔やってしまったという会社の女性も後悔していた。


3月3日(木)
ひな祭り。
小さい時は割と好きだったイベント。

昔はうちもお雛様を飾っていた。
お内裏様がイケメンで好きだった。
美人のお雛様が持ってる小さい扇が可愛くて
それで遊んでたら無くしてしまって、以降は金色の折り紙で作ったものを持たせていた。(かわいそう)

お雛様をすぐに片付けない家の娘はなかなか結婚できないと聞く。
当然うちも長いこと飾られていた。

いまやお雛様たちはイナバ物置の奥深く。
代わりに小さい焼き物でできたお雛様たちがTVの下に置かれていた。
桜餅食べた。
春が来る。


<その他>
私の机近くに置いてあったウェットティッシュが無くなっていたので
会議から帰ってくるついでに替えを取ってきて封を開けた。
しかしいざ詰めようと思ったら既に入っていた。
誰かが入れてくれたらしい。

封をガッツリ開けてしまった替えのウェットティッシュ、
後は乾いていくのみだ。
一応テープで止めた。
会議室でちょうど無くなりそうだという所に入れようと思ってはいるが
昨日から未だに会議室は空いていない。

そういう訳で私の机の上にはウェットティッシュの替えが
封を下にして立っている。
1月28日(金)
いちむじん&ウェイウェイ・ウーさんチャリティコンサート@四谷区民ホール
(10年前の1月26日、新大久保駅のホームに落ちた日本人を助けようとして亡くなった
韓国人留学生イ・スヒョンさんの追悼チャリティコンサート→両親の意向で日本語学校へ寄付)

ギターの先生のコンサートに母と。
内容を知らずに行ったら追悼コンサートで、
スヒョンさんのご両親も来ていた。

この日はちょうど母方の祖母の命日。
母は昼にお墓参りに行ってきたそうだ。

昔、法事の際にお坊さんが
「命日とは故人を思い出す日」と言っていた。
当時私は命日=思い出したくない、嫌な日だった。
(むしろ毎日のように思い出して辛い日々でもあったから)

でも今はその言葉どおりだと思うし、
昔は面倒だと感じていた法事は、残った家族や親戚の縁を
切らせない為のものでもあると思う。

二胡奏者ウェイウェイウーさん「千の風になって」
良かったー。

帰りに喫茶店に寄った。
年々少しずつ母と話す時間が増えてる。


1月29日(土)
友達と上野

久々にのんびり散歩しようと、
喫茶店を探しながら谷中方面へ。
途中、一度行ってみたかった子ども図書館に寄った。

アメリカとソ連の絵本の展示「絵本の黄金時代 1920~1930年代」が
やっていたがそんなに人もおらず楽しめた。
ソ連の絵本はオレンジと緑(と紙の色)の配色が多かった。
昔はあまり色を使わなかったのか。顔がオレンジ色だ。

図書館を出て閑静かつ高級住宅が並ぶあたりを(そんなとこあったの知らなかった)
ブラブラとしていたらお腹が急激にすいてきたので
予定を変更して上野駅方面に戻り「寿司ざんまい」へ。
どれもなかなかの旨さで満足だったが、水槽にいた魚の模様が
悲しい顔をした人面魚。口をパクパクさせて
「殺さないで」と言ってるようで怖かった。
しかし実際目の位置は顔の横についているので本当は
何を考えているのか分からない。

その後ミスドで22時半くらいまで。

<その他>
・DPZに「あの頃パンを潰してたワケ」掲載してもらう
http://portal.nifty.com/2011/01/29/b/
自分の記事で写真に笑顔がやたら多いのは、
撮ってくれるのが仲の良い人たちだからというのがあるのだろう。
自分撮りをしても笑ってるのは一枚も無い。
無理やり笑ってみたら気持ち悪いので削除。

・寿司ざんまいでサメの心臓というのを食べたからか、
あまり眠くならず4時くらいまで起きてた。


1月30日(日)

夢の中
夜、今年24日目にして初めての雨が降った。

---

居間で犬たちを触って癒されていると、
母が外から帰ってきて上着を脱ぎ薄着になった。

そしてストーブの前に立ち、お腹を叩きはじめた。
リズムを刻みながら。
しばしポポポンポポポンと私の後ろで鳴らしたあと、
叩きながら台所に消えていった。

なんやねんもう・・・

いつも痩せたい様な事言ってるのに
お腹で楽しんでるよ・・・
自分もいつかそうなるのかなと不安になった。

母からタイトルもメッセージも無いメールが届いた。
添付だけついていた。

p727.jpg
超嬉しそう


聞くと先日、銀座松屋で本物のサンタに会ったという。
本物というか、フィンランド公認のサンタ。
母はこのヒゲは本物だ、触ってきた、というが、
こんなに長く綺麗に生えるものか・・?本物ならギネス級だ。

夢を壊すのもアレなんで「ほんとかねえ~」程度にしておいた。


サンタは、10歳くらいまで信じてた気がする。
というかいつの間にかプレゼントが貰えなくなったんだよなあ。


「真っ赤なお鼻の コザカイさんは いつもみんなの わらいもの」
小学校のとき歌われたのを思い出した。
そう、私は心で泣いて顔はおどける悲しいピエロ。
(言いたいだけ)
家に帰って居間で金目鯛ふりかけご飯を食べていると、
母が丸めた雑誌でバシ!バシ!と床を叩いた。

見えない位置だったので「え、何?ゴキブリ?」と聞いたら
母は「綺麗な色だった」と答えた。

私はGを潰した経験が無いので何が綺麗なのか、
一瞬内臓が飛び出たのか想像してしまったが
「ハネが若々しかった」そうだ。

Gの年齢(?)まで分かるとは。
オエっとなりながらも斬新な感想を言うなと感心した。
東京葛飾生まれ。 江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 ツイッターアカウントpekorinnote

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

アイテム

  • p914.jpg
  • p918.jpg
  • p913.jpg
  • p917.jpg
  • p912.jpg
  • p909.jpg
  • p910.jpg
  • p911.jpg
  • p908.jpg
    follow me on Twitter
    にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ 人気ブログランキング